2012年度(平成24年度)

パナソニック製家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品発売について ~世界最高の総合効率を達成、よりお求めやすい価格を実現~

2013年1月17日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井 香一、以下「東邦ガス」)は、新型のパナソニック株式会社製家庭用燃料電池「エネファーム」を2013年4月1日から発売します。

 「エネファーム」は、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、電気は家庭内で利用するとともに、その際に発生する熱を給湯などに有効利用する家庭用ガスコージェネレーションシステムです。

 今回の新製品は、システムの総合効率をさらに高め、世界最高※1となる95.0%(LHV)※2を達成しました。これにより、購入電力量を約6割削減するとともに、従来方式と比べて年間の光熱費を約6.2万円節約※3(戸建、4人家族、床暖房・浴室暖房乾燥機を使用のご家庭、2013年1月料金適用)できます。

 同時に、部品点数の削減、部品材料の見直しなどコストダウンにより、希望小売価格は2,100,000円(税込、設置工事費別、標準タイプのバックアップ給湯器の場合)と現行品と比べ大幅な低価格を実現しました。

 また、貯湯タンクを小型化するなど機器本体を薄型化したことで、設置に必要なスペースの奥行き寸法を削減し、従来、設置スペースに制約があった住宅にも設置しやすくなりました。加えて、バックアップ給湯器※4を貯湯ユニットから分離し、より自由なレイアウトで設置することが可能となりました。

 さらに、「エネファーム」のリモコンに初めてカラーディスプレイを標準装備しました。画面サイズも大型化し、発電状況の表示を見やすくするなど、エネルギーの見える化を一層進めています。

 「エネファーム」は2009年5月の発売以来、その優れた環境性・経済性をお客さまから高くご評価いただいております。お客さまの創エネ意識の高まりなどにより、今年度の販売は好調に推移しており、12月末までの成約実績は約1,280台と、年度目標1,300台を突破する見通しです。

 当社は今後も「エネファーム」の普及拡大に努め、お客さまの快適な暮らしづくりと環境調和型社会の実現に貢献していきます。

【本製品の外観写真】
本製品の外観写真

1.主な特長

(1) 世界最高の総合効率を実現

 本体内部の断熱強化や、発電時に発生する熱を回収する熱交換器の高効率化などにより、排熱回収効率が高まり、総合効率は世界最高※1となる95.0%(LHV) ※2を達成しました。

(2) 設置性の向上

 貯湯タンクの小型化や本体内部の部品レイアウトの見直しなどにより機器本体を薄型化(現行品の奥行き寸法480㎜→400㎜)しました。同時に、機器本体の背面と住宅の壁面との離隔距離も縮小(150mm→50mm)し、設置に必要なスペースの奥行き寸法を削減(現行品900mm→750mm、バックアップ給湯器にオプションの排気カバー※5を用いた場合)することで、従来、設置スペースに制約があった住宅にも設置しやすくなりました。さらに、バックアップ給湯器※4を貯湯ユニットから分離したことで、より自由なレイアウトで設置することが可能となりました。

(3)「エネファーム」で初めてリモコン画面をカラー化

 「エネファーム」のリモコン(台所とお風呂に設置)に、初めてカラーディスプレイを標準装備。画面サイズも大型化(3.5インチ→4.3インチ)し、文字やグラフを見やすくしました。また、エネファームの運転による発電量やお湯の自給率を「ワンプッシュ」で簡単にご覧いただけるボタンを設けるなど使い勝手も向上させ、お客さまの省エネ行動を支援します。

 

 2.仕様
仕様表

 3.現行品との違い

<外観>

外観

<リモコンの画面>

リモコンの画面

※1 家庭用燃料電池コージェネレーションシステムにおいて(2013年1月17日現在、東邦ガス調べ)。
※2 低位発熱量基準(Lower Heating Value(略してLHV))の略。燃料ガスを完全に燃焼したときの発熱量から水蒸気の凝縮潜熱を差し引いた値。
※3 試算条件は、下記のとおり。
   戸建2階 LDK25.6m2、4人家族を想定。
   【適用料金】○「エネファーム」使用住宅
           ガス:家庭用燃料電池契約(床暖乾燥割引)、電気:従量電灯B 40A
           ○従来システム(ガス給湯暖房熱源機(潜熱回収型でないタイプ))使用住宅
           ガス:家庭用床暖房契約(乾燥割引)、電気:従量電灯B 40A
           ガス料金、電気料金はそれぞれ、東邦ガス、中部電力の2013年1月現在の料金
※4 暖房用の温水を加熱したり、貯湯ユニットにお湯がなくなった場合にお湯をつくります。
※5 排気カバーは、バックアップ給湯器の排気方向を前方から左右に変更できるオプション品。
   希望小売価格17,325円(税込、工事費別)。
※6 暖房・追いだき・給湯機能を装備した標準タイプ(暖房能力17.4kW)の場合。コンパクトタイプ(暖房能力11.6kW、寸法H600mm×W470mm×D265mm)もお選びいただけます。

以上

ページの先頭へ