2012年度(平成24年度)

将来の水素供給インフラ整備に向け、豊田市に水素ステーションを建設

2012年7月25日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社は、当社が参画する水素供給・利用技術研究組合※1(略称HySUT)と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究(地域水素供給インフラ技術・社会実証 技術・社会実証研究)の一環として、2012年度に愛知県豊田市内にて、充填圧力70MPaの水素ステーション「とよたエコフルタウン水素ステーション(仮称)」を建設します。

 当社は2002年に充填圧力35MPaの水素ステーションを技術研究所内に建設して以来、愛知万博会場、セントレア中部国際空港に水素ステーションを建設し、技術開発を進めてきました。

 今回の水素ステーションは、HySUTの組合員である当社と岩谷産業株式会社が、両社のこれまでの技術開発の成果と運用面での知見を活用して建設するものです。

 本ステーションには、国内最大級となる直充填方式※2の大流量圧縮機が組み込まれたドイツ・Linde製のパッケージ型充填装置を導入することで、利便性向上・省スペース・低コスト化を図っており、燃料電池自動車(以下、「FCV」)と豊田市が運行する燃料電池バス(以下、「FCバス」)への充填を通じて、今後の商用水素ステーション整備に向けた総合的な実証を行います。

 当社は、今後も水素ステーションの技術開発を中心に燃料電池自動車の普及と水素エネルギーの活用に向けた取組みを進め、環境調和型社会の実現に貢献してまいります。

※1 当社を含む民間企業・団体により、水素ビジネスの事業化に向けた供給安定性、経済合理性、環境性等の検証を目的に設立された技術研究組合。
※2 水素圧縮機からFCVへ直接圧縮水素ガスを送り込む方式。


図1 とよたエコフルタウン水素ステーション(仮称) イメージ図
とよたエコフルタウン水素ステーション(仮称)イメージ図の画像

 

1.概要

 2015年頃からのFCVの一般ユーザへの販売開始に向け、当社を含むエネルギー会社各社は、2013年度から4大都市圏を中心に全国約100ヶ所で水素ステーション整備を計画しています。本水素ステーションは、この計画に先立ち、代表的な商用仕様水素ステーションのモデルの一つとして、用地選定から建設、運用までを一貫して行い、その過程で課題を抽出するとともに、コスト低減見通しの把握やこれまでに開発した技術の実証を行なうものです。また、豊田市が実施する低炭素社会への取り組みと連携し、とよたEcoful Town※3において、市内を走行するFCバスへの充填を行なうとともに、同施設の見学会などを実施し、市民の皆さまへの理解促進活動も進めてまいります。

※3 豊田市が企業や市民と連携し、活力ある低炭素社会の実現に向けた取組を発信する施設。次世代環境技術や未来の暮らしを実際に体験し、低炭素社会への理解促進とライフスタイルの転換に繋げることを目指して平成24年5月にオープンした。

(1)主な実証項目

 [1] 用地選定~建設までの一貫計画による課題抽出、パッケージ型ステーションによる設置面積縮小化・短工期・低コスト化
 [2] FCVおよびFCバス向けの大流量・直充填技術の実証
 [3] 普及に向けた理解促進活動(水素ステーションの施設見学会などを予定)

(2)設置場所

 愛知県豊田市元城町3丁目11番地(とよたEcoful Town内)

(3)完成時期

 2013年3月末(予定)

 

2.設備フローと主な仕様(計画) 

 都市ガスから水素を製造し、充填装置(大流量圧縮機を含む)、ディスペンサを経て、FCVおよびFCバスに水素を充填します。

 

図2 設備フロー

設備フロー図の画像

 

表 主な仕様(計画)

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP