TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

コーポレート
原料部
原料第二グループ

ゼネラルリーダー

清水 康成( 2009年入社 )

  • 社会環境システム専攻
  • 建築系

技術者としての感性をベースに
見識を備えた人材に成長したい。

ちょうど私の高校時代は、地球規模で環境問題がクローズアップされはじめた頃。省エネルギーで環境に配慮した建築物などが注目を集めていた覚えがあります。そんな新しい世の中の流れに関心を持ち、大学では建築学を専攻。建築や建築設備を通して、環境問題やエネルギー問題の解決に貢献したいと考えていました。
就職活動ではエネルギー業界を希望するなかで、「自分がいかに成長できる企業か」という視点を重視。先輩社員と話すうちに肌感覚が合うと感じ、最も自分の可能性が広がるフィールドだと確信したことで入社を決意しました。実際、東邦ガスはやる気のある社員にどんどんチャンスを与えてくれる会社です。私がオーストラリアへの語学留学を打診されたのは、入社後に配属された技術部で6年ほど経験を積んだ頃。突然訪れたビッグチャンスに、「行きます!」と即答しましたね。ほかにも会社の補助を受けてビジネススクールに通い、会計を学んだことも大きな収穫になりました。

妥協を許さず、知恵を絞れば
突破口は必ず見つかる。

半年間の留学を経て、今は原料部で長期契約の価格見直し交渉などを担当しています。ここ数年でみると売主との価格交渉は長期化することが多く、主張も平行線をたどることがほとんど。それを打開するためには交渉戦略の立案やデータ分析が重要ですが、相手の顔色を見ながらギブ&テイクで交渉を進める人間力も必要ですね。原料価格は会社の収支や価格競争力に大きな影響を与えるので、正直なところプレッシャーも相当あります。人脈を広げて情報を収集し、とことん知恵を絞って粘り強く交渉する。膠着していた協議が決着に向けて進展したときが、最も醍醐味を感じる瞬間です。
もとより原料部のメンバーは、個性も経歴もさまざま。文系も理系もいろんな人材がいるからこそ生まれる感性や発想の化学反応は、自由化時代を生き抜く強みになると思います。

CAREER これまでのキャリア

ゼネラルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    7:30
    自宅出発電車内で新聞をチェック。
    9:00
    出社メールをひととおり確認し、
    優先度の高いものにはスピーディに対応。
    10:00
    デスクワーク価格見直し交渉の方針検討、資料作成。
    13:00
    打合せ社外関係者との面談、情報交換。
    15:00
    売主との価格見直し協議しっかりと議事録を残すことも重要な業務。
    18:30
    帰宅娘の顔を見ると、1日の疲れも吹き飛びます。
    21:00
    フリータイムオンライン英会話の受講、自己啓発本を読む。
  • PROFILE プロフィール

    [コーポレート部門]
    原料部
    原料第二グループ

    清水 康成 (2009年入社)

    一級建築士。大学院では持続可能な社会の実現に向けて、
    建築に何ができるかを研究する「建築環境学」を学ぶ。
    学生時代は図面や建築模型など設計課題の制作や研究活動に没頭し、
    海外での論文発表も経験。辞書と首っ引きで英語論文を執筆した。
    英語力は今の業務にも必要なため、オンライン英会話の受講や
    海外の友人とSkypeで会話するなどしてスキルアップに努めている。
    オフタイムは、新米パパとして育児に挑戦中!

ページトップへ