TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

業務用営業
産業エネルギー営業部
営業第一グループ

プロフェッショナルリーダー

佐竹 諒一( 2008年入社 )

  • 機械系専攻
  • 機械系

エネルギーの大切さを学び、
自らそれを実践する仕事を選ぶ。

エネルギー分野に興味を持ったのは、大学の熱力学講義でエネルギー有効利用の仕組みと、大切さを学んだことがきっかけでした。エネルギー問題の解決に自ら関わりたくて省エネを推進する業界に就職したいと考えていたところ、産業用のお客さまが多い東邦ガスなら、コージェネレーションシステムや工業炉などの幅広い仕事に携われると思い、入社を決めました。
今はエネルギーを多く使う大手自動車部品メーカーなどを担当し、お客さまのエネルギー全般に関わる提案を行っています。例えば、工場内を現地調査し、工業炉や蒸気利用状況などを把握して、より省エネルギーとなる改善提案を行ったり、設備改修の際にコージェネレーションやガス空調を活用した効率的なエネルギー利用の提案を行ったり。いくつもの案件を自分が中心となって、同時に進行させています。遅れたり、やり残したりすることがないように、いつも前倒しで進めるのには苦労しますが、とてもやりがいを感じます。その苦労を経て、自ら仕掛けた提案をお客さまに理解していただき、導入が決まったときには大きな達成感が得られますね。

今までできなかったことがやれる、
新しい時代の到来に向けて。

私のこだわりは、プレゼンイメージを膨らませて資料を作り込み、その上で提案を行うこと。提案はもちろん、打合せにも毎回、目的とゴールイメージを明確に持って臨むことに挑戦しています。いちばん大切なのは、人と人との信頼関係。お客さまが何を望んでいて、どんな提案なら喜んでいただけるか考え、常に相手の声に耳を傾ける姿勢を心がけています。
エネルギー業界は激動の時代が来ると言われていますが、それは逆に、今までできなかったことにもチャレンジできるということ。もともと誠実で実直な面がありながら、エネルギッシュな社員の多い東邦ガスは、上下関係を気にせず刺激し合える風通しのよい会社。やりたいこと、いいアイデアはどんどん認めてもらえる環境で、これからも、とことんこだわり抜いた仕事をしていきます!

CAREER これまでのキャリア

プロフェッショナルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    6:00
    起床日課にしている朝のニュースチェック。
    8:15
    出社余裕をもって出社。コーヒーを飲みながらやるべきことを整理。
    10:30
    打合せ大手自動車部品メーカーのお客さまに、
    当社開発バーナーの実証試験の提案。
    13:00
    現場打合せ新規案件のガス工事現場にて、工事ルートなどを打合せ。
    15:00
    プレゼン上司と合流して、取引先の重役へプレゼン。
    17:00
    デスクワークお客さまからの依頼事項などへの回答。
    19:00
    退社訪問報告などもその日のうちに済ませて退社。
  • PROFILE プロフィール

    [業務用営業部門]
    産業エネルギー営業部
    営業第一グループ 主任

    佐竹 諒一 (2008年入社)

    大学院にて工学研究科、機械工学専攻。
    高校生の頃、飛行機の仕組みと飛ぶメカニズムに興味を持ち工学部へ入学。
    エネルギーシステム工学の研究室に所属し、エネルギーの最適利用について研究する。
    また、学生生活のほぼ全てを「鳥人間コンテスト」に費やしたという熱い一面も持つ。
    「とことんこだわること」「やり抜くこと」「メンバーとの恊働」、
    今の仕事スタイルの原点は、仲間とともにコンテスト優勝を目指して、
    人力飛行機の設計、製作、飛行訓練に熱中した学生時代にあるという。

ページトップへ