TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

家庭用営業
リビング計画部 計画推進グループ

プロフェッショナルリーダー

大澤 彰裕( 2007年入社 )

  • 総合政策学部卒

「お客さまに豊かな暮らしを」
ゴールは同じでも、戦略はさまざま。

営業所でお客さまと直接交流を図る、支社にて販売店である「ENEDO」の支援を行う、グループ全体の販売力を上げるためにさまざまな企画立案を行う。東邦ガスの家庭用営業部門には、それぞれの立場によって戦略を変えていく面白さがあります。私が今所属しているのは、全社的な経営戦略のもと販売促進の企画立案をするリビング計画部。具体的には、お客さまのリフォーム需要に応えるために「リベナスプラン」というパッケージ商品の開発やカタログ作成、販売の中心となるENEDO社員向け研修の企画から実施、フォローまでを担当しています。
大学時代に体育会系部活動で戦略分析を行っていたこともあり、私はプレイヤーを支えながら勝利に導く戦略を考えることが得意。すべてのお客さまに効果のある施策を企画立案するのはとても難しいことですが、現場に立つENEDOの営業マンの声を頼りに、販売促進につながる要素を一つひとつ見つけています。

コミュニケーションが信頼を生む。
ニーズに気づくチャンスが、そこにある。

最近では、より快適な暮らしの実現に向けた提案活動をするために、西部ガスさんと大日本印刷さんと共同開発した省エネ診断ソフト「eごこち診断」の活用支援もスタート。強力なツールの登場で、これまで以上にお客さまに寄り沿った最適な提案を行うことができると期待しています。
私はずっと家庭用営業で経験を積んできましたが、いちばん長く在籍していたのは支社のリビング課。お客さまのもとに頻繁に足を運び、直接お会いしてコミュニケーションをとることで、信頼を深めてきました。お客さまのことを知らないと、何もはじまらない。何気ない会話のなかで情報を収集し、隠れたニーズに気づく力がいい提案を生むのです。本社から後方支援を行う今も、そうした「気づき力」の底上げを重視しています。加えてグループ全体の販売力を上げるためには、私自身が市場を常に意識し、視野を広げておくことも必要。現場で培った勘と綿密な情報収集、両方を融合させ効果的な戦略を立てることが私の挑戦ですね。

CAREER これまでのキャリア

プロフェッショナルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    6:30
    起床朝食をとり、元気良く1日をスタート。
    8:30
    出社メールのチェックと、スケジュール確認。
    10:00
    社内打合せ現在実施中のリフォーム関連キャンペーンの
    進捗を確認。現状把握と対応策の検討。
    13:00
    研修営業研修を実施。
    研修受講者のリアクションに気を配り、
    効果的な研修となるよう進行を調整。
    16:00
    問合せ対応各支社からの相談事項に、メールや電話にて対応。
    17:00
    研修資料作成本日の研修の振り返りを実施。
    課題の抽出と次回研修に向けた改善策を検討。
    19:00
    今日の振返りと明日の準備1日の終わりに、
    TODOリストをチェック。
  • PROFILE プロフィール

    [家庭用営業部門]
    リビング計画部 計画推進グループ

    大澤 彰裕 (2007年入社)

    大学時代はアメリカンフットボール部に所属し、
    アナライジングスタッフとして相手チームの戦略分析を行っていた。
    勝敗を左右する重要な役割を担い、
    選手をサポートすることにやりがいを感じた経験から、
    今度は、社会生活を支える存在になりたいとインフラ業界を志す。
    現在ガスをお使いのお客さまに対してさまざまなアプローチを行い、
    新たな気づきをきっかけとしたリフォーム提案に挑戦している。

ページトップへ