TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

技術開発
技術企画部
技術企画グループ

プロフェッショナルリーダー

新川 智史( 2007年入社 )

  • エネルギー変換科学専攻
  • 機械系

世界が相手のグローバル企業を
支えている「真の実力」。

エネルギー業界に興味を持ったのは、大学院で核融合の研究をしていたことから。電力会社ではなくガス会社を志望したのは、天然ガスのクリーンさに惹かれたことが大きいですね。私は関西出身なのですが、東邦ガスは、世界的な大手メーカーの工場が集中する地域を拠点としていることに魅力を感じて入社を決めました。
コストや環境対策に相当シビアな大企業に、都市ガスを選んでもらうには、口先だけの営業や中途半端な技術力では通用しない。逆にそうした地域で信頼を得ているということは、真の営業力や技術力を持った会社だと考えました。実際に、手がけている大手ガス会社の共同開発案件などでは、他社から技術面で頼りにされる場面もしばしば。ガス業界トップレベルの実力があると言っても、過言ではないと思います。

新たな研究テーマをみつけ
事業領域の拡大に貢献する

現在は、研究開発の全体方針の策定と、研究開発テーマの企画が主な業務です。全体方針策定では、当社を取り巻く環境を幅広くとらえ、当社が取り組んで行くべき技術分野や、技術分野ごとにどれだけヒト・モノ・カネをかけるのかといった経営資源配分案を策定しています。研究開発テーマの企画では、ニーズや技術動向から具体的な開発内容を検討して研究開発テーマを企画します。
技術開発は成長の源泉なので、その方針策定に携わる仕事は非常にやりがいがあります。環境変化を機微にとらえるには、常に世の中の動きをウォッチすることが重要。得た情報が当社にどのような影響を及ぼすのか仮説を立て、技術開発方針に反映していく必要があるので、視野が広がり面白さを感じる一方、非常に難しい業務でもあります。
今までは、ガス事業に関連する技術開発が主体であり、テーマ企画や方針策定もガス事業からあまり離れたものはありませんでした。しかし、自由化を迎えた今、当社の「事業領域の拡大」に貢献できる、ガス事業から離れた新たな領域の技術開発テーマを企画し、技術開発本部を牽引していきたいですね。

CAREER これまでのキャリア

プロフェッショナルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    7:00
    自宅を出発電車の中で自己啓発の本か、小説を読む。
    9:00
    実験準備実験装置の暖機運転開始。試験内容を確認。
    10:00
    実験開始空調の実験は時間がかかるので、一日中作動。
    13:30
    ミーティング自分の開発について進捗状況を報告。
    15:00
    デスクワークお客さまの要望に対して、対応方針を考える。
    17:00
    実験終了1日のデータを考察し、簡単な日報を作成する。
    19:30
    帰宅夕食を食べた後は、晩酌。
  • PROFILE プロフィール

    [技術開発部門]
    技術企画部
    技術企画グループ

    新川 智史 (2007年入社)

    エネルギー科学研究科、エネルギー変換科学専攻。
    大学院では、核融合炉の過酷状況で使用する
    「シリコンカーバイド材料」について研究。
    その頃は車好きが高じて、自動車のパーツ交換を趣味にしていた。
    技術研究所では実験装置の組み立てや試験機の改造など、
    自分で手を動かす機会も多く、学生時代、
    パーツ交換に熱中していた経験が活きているという。

ページトップへ