TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

家庭用営業
三重支社
営業部 リビング課

プロフェッショナルリーダー

近藤 みなみ( 2014年入社 )

  • 商学部卒

クリーンエネルギーを扱いながら
電力販売も手がける将来性に注目!

大学で環境団体に所属していたことから、将来は環境問題やエネルギー問題の解決に貢献する仕事に携わりたいと考えていました。私が特に注目したのは、天然ガスの高い環境性。電力の場合は発電した電気が家庭に届くまでに約60%ほどが失われてしまいますが、ガスの場合は製造・輸送時のロスがほとんどありません。効率の良いクリーンなエネルギー資源を扱うことに惹かれて、ガス会社を志望しました。
学生時代にさまざまな活動をするなかで、人と話すことが楽しいと感じたことから営業職を希望していましたが、営業所に配属された当初は知識が追いつかず苦労しましたね。東邦ガスの営業は、そう簡単には務まりません(笑)。お客さまのニーズに沿ったご提案をして、設計、引き渡しまで責任を持って行う。そのためには、インプットとアウトプットの繰り返しが必要で、毎日が勉強です。

女性ならではの視点や発想で
新たな営業の流れを作っていく

現在は、お客さまが家を建てられる際に、より多くのガス設備を採用していただく為の新築営業をしています。担当のハウスメーカーや地場工務店と共に、お客さまに光熱費メリットやガスの快適性を感じていただけるように経済性・環境性両側面からのシミュレーション作成や当社ショールームへのご案内活動を行っています。また、ガス機器の新商品導入やモデルチェンジがあったときには、営業担当者さま向けの勉強会なども行っています。
営業担当者さまと一緒にガス設備の提案をし、お客さまに採用していただいた際には、達成感を感じますね。また、ハウスメーカーや地場工務店にとってガス会社は設備会社の1つでしかありませんが、訪問・提案していくうちに名前や顔を憶えていただき、ちょっとした雑談ができたり、プライベートでも遊びに行くような関係になれた方もいるので楽しく仕事をさせていただいているなと思います。
担当しているハウスメーカー、地場工務店にエネファームをより多く採用していただけるような新しい流れを私が作っていけたらなと思っています。営業に知識は必要ですが、私がいちばん大切にしているのは目の前のお客さまに向き合うこと。家庭用営業では主婦の方と話をする機会が多いので、お客さまと共通の感覚を養うためにも、1日1回はキッチンに立って包丁を握るようにしています。これからも、女性ならではの感性を活かした提案で、成果を上げていきたいですね。

※水素から電気と熱を生み出す「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の商品名

CAREER これまでのキャリア

プロフェッショナルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    6:00
    起床朝食と資格の受験勉強。
    8:30
    出社メールとスケジュールの確認。
    9:00
    朝礼短時間の小ミーティングを行います。
    9:30
    家庭用巡回活動お客さまを一軒ずつ訪問。
    12:00
    帰社営業所に戻り、自作のお弁当でランチタイム。
    午後も再び家庭用巡回活動へ。
    17:00
    書類作成巡回マップや、見積り書
    工事オーダーなどの書類を作成。
    20:00
    習い事就職してから始めた週1回のベリーダンスへ。
  • PROFILE プロフィール

    [家庭用営業部門]
    三重支社
    営業部 リビング課

    近藤 みなみ (2014年入社)

    愛知県出身。京都で過ごした学生時代は、
    寺社仏閣めぐりや町屋カフェめぐり、富士山登頂にフルマラソン、
    団体機関紙の制作まで、あらゆることに挑戦する毎日を送る。
    入社後は、そのパワフルな行動力とチャレンジ精神で
    ガス主任技術者、危険物取扱者、ビジネス法務3級を次々と取得。
    お客さまとさまざまな観点から話ができるようになりたいと、
    現在はファイナンシャルプランナーと
    消費生活アドバイザーの資格取得を目指して勉強中。

ページトップへ