TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

家庭用営業
リビング計画部
計画推進グループ

プロフェッショナルリーダー

川端 卓也( 2009年入社 )

  • 現代中国学部卒

暮らしをもっと豊かにできる、
そんな可能性をガスに感じた。

中国経済が勢いを増してきたのは、私が大学生の頃。存在感が大きくなりつつある中国をこの目で見たいと、2年生のときに天津に留学しました。当時の中国はインフラ面の整備が、まだ先進国に追いついていなかった。ガスや電気、水が当たり前に使える日本の生活がいかに恵まれているか、留学は今までの価値観を見直す大きな転機になりましたね。
就職活動でインフラ企業を志望したのも、豊かな暮らしについて改めて考えた経験があったから。ちょうど「オール電化」が話題になっていた頃でしたが、私は床暖房やファンヒーターの暖かさや調理の点で電気よりもガスに魅力を感じていたんです。自由度の高い企業風土、先輩社員のイキイキした姿に惹かれたのも入社の理由ですが、いちばん決め手になったのはガスという自信を持って売れるものがあること。営業を希望していた私にとって、誇りを持って仕事をするための大切な条件でした。

お客さまの声を第一に
本当に求めているものを見つける

最初に配属されたのは、希望どおり家庭用営業部門。2つの営業所と支社での家庭用営業、業務用営業を経て、現在は、家庭用既築営業部門※1のガス機器及び電力販売促進策の企画立案を中心に行っています。その他には、販売チャネルであるENEDO※2の営業管理者や販売員向けの研修企画や営業ツール(現場で活用するチラシや店頭で掲示するポスター等)の制作を行い、販売活動を支援しています。
限られた原資の中で、現場からの要望をできる限り実現するために、日々難しさを感じています。ただ、企画した販売促進策や営業ツールが現場で活用され、目標を達成したときには仕事のやりがいや自身の成長を感じることができますね。
今後も当社が供給する都市ガスを引き続き使用していただくためにも、「お客さまが何を求めているか」、「販売員がより良い提案をするために何が必要か」をENEDOや支社・営業所とともに考え、サービスメニューの拡充や販売員の提案力を向上させる取り組みを行っていきたいです。将来的には、営業現場やスタッフ業務で培った知識や経験を活かし、ENEDOをはじめとするすべての販売員の提案力を向上させることができる人材になっていきたいです。

※1 既にガスや電気をお使いのお客さまに対する営業

※2 ガス機器販売や修理などを通じ、お客さまの暮らしをサポートする地域密着型の販売店

CAREER これまでのキャリア

プロフェッショナルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    8:15
    出社本を読んでリラックス。早めの出社が習慣。
    9:00
    始業営業所やENEDOからの各種相談に対応。
    イレギュラーな案件は関係部署と連携。
    11:00
    実績確認キャンペーン、機器販売の実績を集計。
    次回企画に向けた課題の抽出を行う。
    13:00
    会議代理店やメーカーと、
    次回キャンペーン・販促施策の内容を検討。
    14:00
    販促ツール作成販促チームのメンバーと
    お客さま向けのDMやチラシの内容を最終チェック。
    16:00
    資料作成キャンペーンの企画業務。
    実施計画をまとめて、営業所やENEDOに周知させる。
    19:30
    帰宅子どもとお風呂に入った後は、晩酌をして英気を養う。
  • PROFILE プロフィール

    [家庭用営業部門]
    リビング計画部
    計画推進グループ

    川端 卓也 (2009年入社)

    高校から大学卒業までの7年間、陸上部に所属。
    中距離種目を得意とし、リレーや駅伝にも出場した。
    部活動で、チームワークや組織力の大切さを学んだという。
    仕事においては、どんなときも疲れた表情や態度を
    表に出さないように心がけている。
    毎年一つは新しいことへのチャレンジを自分に課し、
    今年はフルマラソンに挑戦。初レースで見事完走を果たした。

ページトップへ