1. ライブジョイントシール工法とは

ライブジョイントシール工法

ライブジョイントシール工法は、低圧鋳鉄管の継手部漏えい対策として、活管状態(ガスを流したまま)で管の内面から継手部を検知し、シールする工法です。

2. 概要

低圧本管に管径の1/2の大きさで穿孔して、ノーブロー(ガスを漏らさない方法)でパッカー(管内機)を挿入し、継手部を検知します。そして都市ガスによりパッカーを膨張させ、シール剤を継手隙間のヤーン部分に注入することによって、継手漏えいの予防を行います。

施工概要

施工概要

継手部断面

継手部断面

3. 特長

  1. (1)ノーブローでガスを止めずに施工することができるため、お客さまのガスを停止する必要がなく、サービス向上につながります。
  2. (2)小径の孔でもパッカーの挿入ができます。
  3. (3)都市ガスでパッカーを膨張させるため、万が一パッカーが破損しても安全です。
  4. (4)従来の更生修理工法の1/5~1/10の費用で施工できるため、工事費用が大幅に削減できます。

4. 適用範囲

圧力 低圧管
口径 75A~300A
管種 鋳鉄管(印ろう型・ガス型)継手部
配管 片側につき45°ベンド4個まで
延長 1ピットにつき片側30~50m

ページの先頭へ