1. ナビゲーター工法・フレックスドリル工法とは

ナビゲーター工法・フレックスドリル工法は道路をほとんど開削することなく新管を敷設する非開削本支管推進工法です。ナビゲーター工法では、地上に設置したドリルユニット及び泥水ポンプにより、ドリルヘッドを貫入し、ドリルの先端をロケーターで誘導しながらポリエチレン管・鋼管を敷設します。フレックスドリル工法では、フローケーター(掘削先端位置検知装置)と開削用ガイドドリルの遠隔操作で、ドリルの先端を誘導しながら、道路をほとんど開削することなくポリエチレン管を敷設します。

2. ナビゲーター工法の概要

  1. (1)回転するドリルヘッドの先端からベントナイト泥水をジェット噴射しながら推進し、ロッドを継ぎ足しながら目標の到達立坑まで掘り進む。
  2. (2)到達した立坑でドリルヘッドを取外して埋設管に合わせた拡径リーマーを取付け、拡径リーマーから再度ベントナイト泥水をジェット噴射しながらロッドを引き戻すと同時にポリエチレン管・鋼管を引き込み敷設する。

【ナビゲーター法装置】

ドリルユニット
ドリルユニット
泥水ポンプユニット
泥水ポンプユニット
ロケーター
ロケーター

3. フレックスドリル工法の概要

  1. (1)回転するドリルヘッドの先端から水を噴射しながら推進し、ロッドを継ぎ足しながら目標の到達立坑まで掘り進みます。

    工法の概要

  2. (2)到達した立坑でドリルヘッドを取外して埋設管に合わせた拡径リーマーを取付け、拡径リーマーから再度水を噴射しながらロッドを引き戻すと同時にポリエチレン管を引き込み敷設します。

    工法の概要

4. 特長

  ナビゲーター工法 フレックスドリル工法
1 工事中の騒音・振動、交通規制が緩和されるため工事周辺のお客様への影響度を低減可能
2 工事の機械化で人力作業を軽減
3 ガス導管工事コストの大部分を占める開削・埋戻し等の土木・舗装復旧費を大幅に削減
4 開削で発生する残土、廃材が少ないので環境対策に優れる
5 ほとんどの作業を地上で行うため安全性が高い 装置がコンパクトであり2トントラック1台に積載可能
6 - 装置の動力を油圧ショベルから油圧ホースで供給するため新たな動力装置が不要

5. 適用範囲

ナビゲーター工法 フレックスドリル工法
埋設管種類 ポリエチレン管・鋼管 ポリエチレン管
口径 50A~200A 75A~150A
延長 1日あたり約30m~100m 1日あたり約20m~50m
土質 一般的な表土(粘土質、砂質土)

PAGE TOP