1. パイプスプリッター工法とは

パイプスプリッター工法は、道路をほとんど開削することなく、既設の小口径の鋼管をポリエチレン管に入れ替える工法です。この工法では、既設鋼管の下側を縦方向に切り裂きながら、新設のポリエチレン管を地中に引き込みます。

2. 工法の概要

施工手順

  1. (1)ロッドを順次連結させて、既設管内に通します。
  2. (2)発進立坑側のロッドにヘッダーを接続し、その後方に新設ポリエチレン管を接続します。
  3. (3)到達立坑に引き込み装置を設置し、ロッドを引き込みます。ロッドを引き込むことにより、回転カッターを配置したスプリッターで鋼管を切り裂き、できた空隙にポリエチレン管を敷設します。鋼管はポリエチレン管の上部を覆うように押し広げられるため、施工後は防護管の役割を果たします。
施工概要

施工概要

切断の様子(断面図)

切断の様子(断面図)

スプリッターの分割イメージ

スプリッターの分割イメージ

装置

【パイプスプリッター工法装置】

パイプスプリッター工法装置

3. 効果

  1. (1)工事中の騒音・振動、交通規制が緩和できるため、工事周辺のお客さまへの影響度を低減できます。
  2. (2)工事の機械化で人力作業を軽減できます。
  3. (3)開削で発生する残土や廃材が少ないので環境面に優れています。
  4. (4)ガス導管工事コストの大部分を占める、開削・埋め戻し等の土木・舗装復旧費を大幅に削減できます。

4. 適用範囲

  • 曲がり部のない直線配管
  • 補修用材料を含む導管でも施工可能
  • 2tトラックが通行可能な道路
  • 土質による制限はなし
圧力 低圧
延長
  • 1回の施工につき30m~50m
  • 供給管切替部5か所程度
管種 鋼管 → ポリエチレン管
口径 40A → 50A
50A・65A → 75A

PAGE TOP