1. エコキャット工法とは

エコキャット工法は、道路をほとんど開削することなく、既設の鋳鉄管を耐震性に優れたポリエチレン管に入れ替える工法です。 既設の鋳鉄管を短冊状にスムーズに4分割しながら、新設のポリエチレン管を地中に引き込む工法であり、この工法は東邦ガスが開発したオリジナル工法です。

2. 工法の概要

施工手順

  1. (1)ロッドを順次連結させて、既設管内に通します。
  2. (2)発進立坑側のロッドにヘッダーを接続し、その後方に新設ポリエチレン管を接続します。
  3. (3)到達立坑に引き込み装置を設置し、ロッドを引き込むことにより、ヘッダーで既設管を切削・分割・拡径しながら新設ポリエチレン管を敷設します。
    このとき、ヘッダーに設置された4枚のノコ刃が鋳鉄管の内面に浅い切削傷を付け、その後上下方向に設置された分割ローラーが管の内側から力を加えるため、鋳鉄管は切削傷に沿ってスムーズに4分割されます。
    そのため、敷設するポリエチレン管に傷を付ける心配がなく、施工後は短冊状に分割された鋳鉄管が防護管の役割を果たします。
施工概要

施工概要

分割方法

【直管部】
切削部に十字に設置されたノコ刃で管内面の4方向に切削溝を付け、続いて通過する分割部・拡径部で鋳鉄管を外側に押し広げます。これにより、鋳鉄管を切削溝にそって短冊状に分割することができます。

直管部

【クランプ部】
分割ローラーで上下方向に押し広げることでボルトを破断し、ポリエチレン管を敷設するスペースを作ります。

ヘッダーの分割イメージ
ヘッダーの分割イメージ

ヘッダーの分割イメージ

【ヘッダーの構成】

ヘッダーの構成

【エコキャット工法装置】

エコキャット工法装置

3. 効果

  1. (1)工事中の騒音・振動、交通規制が緩和できるため、工事周辺のお客さまへの影響度を低減できます。
  2. (2)工事の機械化で人力作業を軽減できます。
  3. (3)開削で発生する残土、廃材が少ないので環境対策に優れています。
  4. (4)ガス導管工事コストの大部分を占める、開削・埋め戻し等の土木・舗装復旧費を大幅に削減できます。

4. 適用範囲

  • 曲がり部のない直線配管系
  • 2トン車が通行可能であること

<口径>

経年鋳鉄管   ポリエチレン管への入替
75A 75A
100A 100A
150A 150A
200A 200A

<実績>

埋設管種 ポリエチレン管(呼び径:75A、100A、150A、200A)
施工延長 約30~50m/日(最大75m/日:当社実績)
更新能率 約1.0m/分
地表面への影響 なし

ページの先頭へ