1. ガバナみはるとは

ガバナ遠隔監視システム「ガバナみはる」は、PHS通信を利用した、ガバナのガス圧力を遠隔監視できるシステムです。
情報通信用PHSを用いて圧力データを自動回収するもので、従来に比べ点検業務を効率化できるほか、常時遠隔監視による保安の向上を図ることができます。

2. 目的

平成7年3月の改正ガス事業法の施行に伴い、規制緩和の一環としてガバナの巡視点検頻度が従来の「1週間に1回以上」から「1か月に1回以上」へ緩和されましたが、従来の「チャート紙式自記圧力計」では7日間の記録しかできず、点検頻度の緩和に対応が困難であるという問題がありました。
そこで、ガバナの巡視点検頻度の緩和に対応できるとともに、保安レベルのさらなる向上およびデータ管理業務の効率化・省力化を目的とした通信機能付きデジタル式自記圧力計を 用いた、ガバナ遠隔監視システム「ガバナみはる」を開発しました。

3. 概要

本システムは、ガバナに設置する「デジタル式自記圧力計」、「通信ユニット(PHS内蔵)」、「ガス検知機」と、本社側で監視を行う「監視センター装置」で構成しています。

PHS通信方式を利用したガバナみはるの構成

PHS通信方式を利用したガバナみはるの構成

点検フロー概要

通信機能付きデジタル式自記圧力計
通信機能付きデジタル式自記圧力計

3分間ごとの圧力最高値・最低値のデータや、圧力異常時のアラームを通信ユニットに送信します。

ガス検知機
ガス検知機

ガス漏れ等の場合、アラームを通信ユニットに送信します。

通信ユニット

通信ユニット
デジタル式自記圧力計からの圧力データや、ガス検知機等からのアラームをセンターに送信します。

監視センター装置

監視センター装置
通信ユニットから送信された圧力データをパソコンで管理し、簡単に検収・検索できます。
また、アラームの受信により、圧力異常およびガス漏れ等の情報を即時にキャッチできます。

4. 特長

  1. (1)作業員によるガバナ巡回点検業務を効率化できるため、点検費用を大幅に削減することができます。
  2. (2)圧力データを監視センター装置からいつでも確認でき、万一の異常発生時には直ちに監視センター装置へ警報を送信する安全機能も備えており、保安レベルの向上を図ることができます。
  3. (3)圧力データがパソコンによる管理となるため、データ管理業務の効率化が図れます。
  4. (4)防爆構造となっているため、ガバナ室内にも取り付けることができます。
  5. (5)PHS外部アンテナ方式、DoPa通信方式を採用することで、PHSエリア圏外にも対応が可能になりました。

PAGE TOP