1. 目的・概要

ドライサウナは、浴室内温度が80℃~100℃、湿度が10~15%であるのに対してミストサウナは、浴室内温度は40℃前後と低いものの、湿度を100%近くまで高めることで、身体への熱の伝わりを促進し、ドライサウナと同等の発汗作用を得ることができます。温度が低いので、身体に対する刺激や負担が少ない上に、湿度が高いので、喉や肌、髪に対してもしっとり優しいサウナ空間を実現することができます。

2. 開発品の特長

  1. (1)浴室暖房乾燥機と別体設計とすることでさまざまなタイプの浴室暖房乾燥機との組み合わせ設置を可能にしました。
  2. (2)ミストノズルをコンパクトに設計することで、浴室内での取り付け自由度を高くしています。
  3. (3)温調機能を搭載し、ミスト温度を50℃、60℃、70℃に切り替え可能としています。
  4. (4)夏場の利用を想定し、COOLミスト(水噴射)機能を備えています。
  5. (5)お子様のいたづら防止、安全のためのチャイルドロック機能を搭載しています。
  6. (6)ミスト入浴時間を計るのに便利な残時間表示付き切タイマーを搭載しています。
  7. (7)使用水量抑制し、節水と低ランニングコストを実現しています。

            ミストノズル                     ミストユニット   

PAGE TOP