日本近海に存在する天然ガス

日本近海には、我が国の天然ガス消費量の約100年分に相当するメタンハイドレートが存在すると言われています。我が国におけるメタンハイドレート開発計画は、2009年からフェーズ2が開始されました。2018年度を目処とした商業化の実現に向けて、海洋産出試験や経済的かつ効率的な採掘技術の検討、資源量評価などが進められています。



メタンハイドレート

メタンハイドレー

(東海沖~熊野灘海域で採取したメタンハイドレート)

出所:「メタンハイドレート開発促進事業評価検討会」(経済産業省)より

ページの先頭へ