環境行動指針

環境調和型社会の実現に向けて、環境行動指針体系、具体的には、環境行動指針・環境行動ガイドライン・環境行動目標のもと、グループの環境活動に取り組んでいます。

環境行動指針体系

環境行動指針体系の図


環境行動指針

環境行動指針は、基本方針と指針から構成され、指針は「お客さま」「事業活動」「環境貢献」「環境技術開発」の4つにまとめています。

環境行動指針 基本方針 東邦ガスは、グループ各社とともに、地域および地球規模での環境保全の 重要性を深く認識し、クリーンなエネルギーの供給を柱として、企業活動のあらゆる場面を通じて、環境調和型社会の実現に貢献します。
指針 指針1 お客さま先における環境負荷低減に貢献します。
指針2 事業活動における環境負荷を低減します。
指針3 地域・国際社会と協働し、環境貢献を推進します。
指針4 環境に関する技術開発を推進します。

環境行動ガイドライン

新しく設定したこのガイドラインは、東邦ガスグループが取り組む重要な環境活動に対する考え方や方向性を示しています。また、ガイドラインに基づき、当社も含め、関係会社が個別の環境行動目標を設定し、環境活動に取り組んでいきます。

環境行動ガイドライン(2011年3月制定)

地球温暖化対策 環境性に優れた天然ガスをはじめとするクリーンエネルギーの普及拡大と高効率・高度利用、さらには再生可能エネルギーの活用を通して、お客さま先におけるCO2排出を抑制し、効果的かつ現実的な地球温暖化対策を推進する。業務の継続的改善により、自社事業活動におけるCO2排出の低減に努める。
資源循環 事業活動の各段階において資源の有効活用を図るとともに、廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルにより外部排出量の最小化に努める。
生物多様性保全 生物多様性について、その重要性を認識し、事業活動における影響の把握・分析に努め、生物多様性に配慮した活動を推進する。
環境社会貢献 地域・国際社会と協働した環境活動・プロジェクトへの参画や次世代層への啓発活動などを通して、環境に関する社会貢献活動を行う。
環境技術開発 ガス体エネルギーの高効率・高度利用、再生可能エネルギーの活用など、環境負荷低減に資する技術開発を推進する。
環境マネジメント 環境影響を認識し、環境マネジメントを徹底するとともに、環境に配慮し自ら行動する人材を育成する。

環境行動目標・環境効果指標

主要な環境活動である地球温暖化対策と資源循環に関して、2018年度を目標年度とする数値目標を設定しました。目標の基準年度は、2009年度としております。

環境行動目標(2014~2018年度)

環境行動指針体系 環境行動指針体系 環境行動指針体系

環境効果指標

環境行動指針体系

ページの先頭へ