環境マネジメント

当社グループは、環境調和型社会の実現に向けて環境行動指針・環境行動ガイドラインを制定し、環境マネジメント体制を整備しています。また、当社グループ共通および各社ごとの環境行動目標を定め、達成に向けて各種活動に取り組んでいます。

環境行動指針・ガイドライン

環境行動指針

環境行動指針(1993年制定)は、基本方針と指針から構成されています。

環境行動指針 基本方針 東邦ガスは、グループ各社とともに、地域および地球規模での環境保全の重要性を深く認識し、クリーンなエネルギーの供給を柱として、企業活動のあらゆる場面を通じて、環境調和型社会の実現に貢献します。
指針 指針1 お客さま先における環境負荷低減に貢献します。
指針2 事業活動における環境負荷を低減します。
指針3 地域・国際社会と協働し、環境貢献を推進します。
指針4 環境に関する技術開発を推進します。

環境行動ガイドライン

環境行動ガイドライン(2011年制定)は、6つの区分で構成されています。このガイドラインに基づき、当社と関係会社が個別の環境行動目標を設定し、環境活動に取り組んでいます。

地球温暖化対策 ■環境性に優れた天然ガスをはじめとするクリーンエネルギーの普及拡大と高効率・高度利用、さらには再生可能エネルギーの活用を通して、お客さま先におけるCO2排出を抑制し、効果的かつ現実的な地球温暖化対策を推進する。■業務の継続的改善により、自社事業活動におけるCO2排出の低減に努める。
資源循環 ■事業活動の各段階において資源の有効活用を図るとともに、廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルにより外部排出量の最小化に努める。
生物多様性保全 ■生物多様性について、その重要性を認識し、事業活動における影響の把握・分析に努め、生物多様性に配慮した活動を推進する。
環境社会貢献 ■地域・国際社会と協働した環境活動・プロジェクトへの参画や次世代層への啓発活動などを通して、環境に関する社会貢献活動を行う。
技術開発 ■ガス体エネルギーの高効率・高度利用、再生可能エネルギーの活用など、環境負荷低減に資する技術開発を推進する。
環境マネジメント ■環境影響を認識し、環境マネジメントを徹底するとともに、環境に配慮し自ら行動する人材を育成する。

グリーン調達ガイドライン

ガス導管材料・工事作業・事務用品などを対象に、環境負荷低減や生物多様性保全を図るため、「グリーン調達ガイドライン」を定め、主要な関係会社12社とともにグリーン調達を行っています。

グリーン調達ガイドラインの主な内容
  • ● 省エネルギー製品などの購入の促進
  • ● 3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進
  • ● 低公害車の使用やエコドライブによるグリーン配送

環境マネジメント体制

当社グループは、当社と主要関係会社から構成される「グループ環境委員会」を設置し、環境負荷低減や環境法令遵守に向けて、活動の基本方針・行動目標・各種施策についての審議・検討・進捗管理を行っています。
さらに、当社各部や関係会社には、具体的な活動の推進を担う「環境推進者」、活動の振り返りや法令対応のチェックを行う「環境監査員」、それらを統括する「環境統括者」を配して、環境活動に関するPDCAサイクルを推進しています。

環境マネジメント体制図

環境マネジメント体制図

環境行動目標

当社グループは、事業活動やお客さま先での環境負荷低減に向けて目標を定め、達成に向けた各種取り組みを推進しています。

分野 対象 目標項目
(2014~2018年度期間平均目標)
2009
基準
2014-2018
目標
2014-2017
実績
進捗
温暖化対策※1 東邦ガス 都市ガス事業(工場・オフィス等)CO2排出原単位(g-CO2/㎥N ガス販売量) 16.5 ▲10% ▲9%(15.0)
熱供給事業(主要5地冷)CO2排出原単位(kg-CO2/GJ 熱・電気販売量) 86.8 ▲2% ▲9%(79.0)
グループ
共通
オフィス単位面積当たりのCO2排出原単位の期間平均値を、基準年度実績に対して削減(kg-CO2/㎡) 93.6 ▲6% ▲16%(78.4)
資源循環 東邦ガス 用紙の使用量(枚数)の期間平均値を削減(百万枚) 39 ▲5% ▲11%(34.8)
ガス導管工事から発生するアスコン塊をリサイクル 100% 100% 100%
ガス導管工事で使用する天然山砂・砕岩使用量を従来工法による使用量から抑制 15%以下 10%
ガス導管工事で発生する全ての廃棄ガス管
(鋳鉄管・鋼管・ポリエチレン管)をリサイクル
100% 100% 100%
都市ガス工場におけるゼロエミッション(最終処分率3%以下)維持 維持 維持 維持
グループ
共通
グループの全てのオフィスで発生する紙ごみリサイクル 100% ほぼ100%
グリーン
調達
東邦ガス 事務用品の期間平均グリーン調達率(BIZNET購入分金額比率) 90%以上 83% ×
環境効果
指標※2
東邦ガス 天然ガスの普及拡大などによりお客さま先CO2排出量を抑制(期間合計値) 40万t-CO2 26万t-CO2
  • ※1 CO2排出量削減の取り組み効果を把握するため、購入電力の排出係数は基準年度の数値0.474kg-CO2/kWh(中部電力)に固定して算定
  • ※2 購入電力削減に伴うCO2排出抑制効果は、利用するマージナル電源のCO2排出係数(火力電源係数)を目標設定時点の数値0.69kg-CO2/kWhに固定して算定

column「経団連 低炭素社会実行計画」への参加

(一社)日本経済団体連合会は、「2050年における世界の温室効果ガスの排出量の半減目標の達成に日本の産業界が技術力で中核的役割を果たすこと」を共通のビジョンとして掲げ、2013年に「低炭素社会実行計画」を策定しました(2017年改定)。
本計画に参加する(一社)日本ガス協会は、2020年・2030年に向けた目標を含む、都市ガス事業の「低炭素社会実行計画」を策定しています
当社は(一社)日本ガス協会の会員企業として、都市ガス業界の目標達成にも向けて、温室効果ガス排出削減に対応する様々な取り組みを進めています。
「経団連 低炭素社会実行計画」について、詳しくは以下をご覧ください。 http://www.keidanren.or.jp/policy/vape.html

環境教育

当社グループでは、対象層別に、環境に関する政策や社会の動向などをテーマとした「環境講演会」や環境法令対応の実務知識を習得する「環境法令講習会」などを開催しています。そのほか、エネルギー管理士や環境社会検定(eco検定)など、従業員の環境関連資格取得についても促進しています。

名称 対象者
環境講演会 経営層
環境法令講習会 管理者・実務者層
新入社員研修 新入社員

環境マネジメントシステム(EMS)認証

当社グループは環境マネジメントレベルの向上に向け、EMS認証の取得にも積極的に取り組んでいます。当社は、国際規格であるISO14001の認証を取得しており、関係会社は、環境省によるエコアクション21の認証を取得しています。そのほか、「名古屋市エコ事業所」などの自治体が推進する環境認証も取得しています。

種類 取得会社(事業所)
ISO14001※1 当社(知多緑浜工場・知多LNG共同基地・知多熱調センター・四日市工場)
エコアクション21※2 水島ガス(株)、東邦不動産(株)、東邦ガスエンジニアリング(株)、東邦ガステクノ(株)、知多炭酸(株)
自治体認証制度等※3 当社(本社、星ヶ丘営業所、北営業所、中村営業所、笠寺営業所、瀬戸営業所、春日井営業所)
  • ※1 環境負荷低減と環境管理レベル向上を継続させ続けるための国際規格
  • ※2 幅広い事業者を対象とした、環境の取り組みを効果的・効率的に行う認証・登録制度
  • ※3 自治体が独自に推進する環境に関する認証制度

PAGE TOP