ガス機器に関する大切なお知らせ

お客さまにガスを安全・安心にお使いいただくための当社の保安活動について

2017年11月15日

 お客さまの安全を確保するため、ガス機器の点検や修理などの業務では、日々その業務を確実に果たすことに加え、お客さまとの接点機会を通じて、安全型ガス機器への取替えのおすすめやガス機器の安全使用に関する情報発信を進めるなど、ガス事故の防止に努めています。

 「東邦ガスだから安心」して選んでいただけるよう、当社では、お客さまの安全確保に向けて自主的な保安活動を推進しています。

1.当社の保安の取組み

 ガス事業法に基づく、4年に1回以上のガス設備の安全点検の際には、ガス漏れの検査、ガス機器の給排気設備調査などの法定点検項目に加え、小型湯沸器の一酸化炭素(CO)濃度測定、ゴム管などの接続具の点検、ガス機器の安全な使用方法の説明などを自主的に行っています。
 また、業務用厨房での一酸化炭素(CO)中毒事故を防止することを目的に、業務用機器をお使いのお客さま※1には、「業務用換気警報器」を設置しています。警報器の更新時期が近づいたお客さまには、警報器の取替えをおすすめしています。


※1 パン焼器・食器洗浄機・めんゆで器・フライヤー・蒸し器などをご使用で、東邦ガスとガス使用契約を締結のお客さま
 
<4年に1回の安全点検>

 

 

2.保安管理体制の整備および保安教育・訓練などの実施

 当社では、事業拠点ごとに、保安業務監督者※2を中心とした保安管理体制(約180拠点、総勢約3,000人体制)を整備し、お客さまの安全確保に努めています。また、法令で定められた点検業務などに従事する人材に対しては、保安業務規程※3に基づく毎年作成する計画に沿って、当社の研修施設「営業人材開発センター」などで、教育・訓練を実施しています。
 これに加え、ガス機器の修理や設置についても、当社独自の資格の整備による教育・訓練などを行っています。

※2 ガス機器の点検など保安業務に関する指示や教育・訓練計画の審査など、保安業務の監督に従事する者
※3 ガス事業法に基づき、ガス機器に係る保安業務などを定めた規程
ガス機器保安の教育・訓練の様子 
<ガス機器保安の教育・訓練>

 

 

3.ガスの安全・安心に関わる情報発信

 安全周知パンフレットの配布やホームページなどで、ガスの安全な使用方法のお知らせや注意喚起を実施しています。
 また、「ガスエネルギー館」での展示・イベントや各地域の防災イベントへの出展などの機会でも、ガスの安全・安心に関わる情報発信に努めています。
ガスエネルギー館の外観 
<ガスエネルギー館>

ページの先頭へ

PAGE TOP